カテゴリ: 雑記

マグナス
■「マグナス抱き枕風イラスト」
■爆丸の仮面キャラにはずれなし!


テレビ東京系列全国6局ネット
2019年4月1日(月)スタート
毎週月曜日 夕方5時55分~6時25分


DSCF0272

 2019年の初頭から北米ではバトルプラネットの玩具が店頭に並び出し、各地の
ショップ内からの写真と共に、待ちに待った爆丸を手に入れた喜びをTwitterで
報告する人達で溢れかえっていました。

日本でも新爆丸の素晴らしさをいち早く堪能するために、北米のAmazonから
輸入する人達も見受けられ、爆丸バトルプラネットの人気の高さが窺えます。




続きを読む

1表解説用


名前 英語名
ドラゴノイド
Dragonoid (ドラゴノイド)
■①爆丸の日本名
■②爆丸の海外名
■③海外名のカタカナ読み

派閥 Bパワー サイズ 重量
1火(Pyrus) 2水(Aquos) 3光(Haos)

4風(Ventus) 5闇(Darkus) 6金(Aurelus)

7ダイヤ(Diamond)
B200
36mm15.0g
■④派閥(Pyrus-Aquos-Haos-Ventus-Darkus-Aurelus-Diamond)
■⑤玩具にプリントされているパワー数値
■⑥玩具の球体時の直径
■⑦玩具の重量

挑戦ランク
商品名
発売日
定価
lv0(Eazy)
lv1(Normal)
lv2(Hard)
lv3(Very Hard)
■BAKUGAN
■BAKUGAN ULTRA
■STARTER PACK
■STARTER SET
■BATTLE PACK
■他
2019年1月
BS-6.99$
SSS-29.99$
■⑧爆丸を畳む難しさ(数字が上がるにつれ難しくなっている)
■⑨玩具が封入されている商品名
■⑩玩具が発売された月
■⑪玩具の定価(商品名は略称 STARTER PACK SERIES=SSS)

入手難度
入手難度サイズ250 (1)
入手難度サイズ250 (2)
入手難度サイズ250 (3)
入手難度サイズ250 (4)
入手難度サイズ250 (5)
入手難度サイズ250 (6)
入手難度サイズ250 (7)
入手難度サイズ250 (8)
入手難度サイズ250 (9)
入手難度サイズ250 (10)

■玩具の購入にかかる労力(2019年1月)
(市場に出回っているおおよその数、希少性、購入費用などを参考に爆コレが10段階で
表示したもの)

爆コレレーダーチャート
表解説用
[1]造形美   玩具のカッコよさや可愛さ(※1)
[2]強度    玩具で遊び続けた場合の破損に対する強さ(※2) 
[3]真球度   玩具の球状時の丸さ(※3)
[4]自動変形  玩具の自動変形ヶ所の多さ(※4)
[5]技巧    玩具に搭載されているギミックの凄さ(※5)
[6]個性    玩具の特殊なパーツ、または全体の独創性(※6)
(※1~6 全て爆コレの主観です)

DSCF9966(※記事内で使用されている画像は後日追加したものです)

 15日と16日に「爆丸バトルプラネット」のお披露目会のような動画がライブ配信され
商品の紹介や実際に爆丸を使用したトーナメントなどが配信されていました。



■おもちゃの考察

 動画や画像などを見て驚いたのが爆丸のサイズが32mm球よりも大きかったこと。
Twitterで見た画像ではアルファードヒュドラとダイヤモンドドラゴノイドのスフィアモードが
並べられており、明らかにダイヤモンドドラゴノイドの方が大きいことが分かりました。

アルファードヒュドラは32mm球しか存在しておらず、私が実際に32mm球と36mm球を並べて
写真と比較した感じも、ほぼ同じ比率になるため新爆丸は36mm球ではないかと思われる。

爆テク後期を彷彿とさせる複雑な変形、よりスムーズで大迫力なポップアウトを表現するには
32mm球よりも大きいサイズの爆丸になるのは必然かもしれない。



続きを読む

 所有している爆丸のリスト化を年内に終わらせたかったのですが
今月は時間がとれないため来年になりそうです。

下の写真で爆丸が約5千個あり、未開封のパッケージや重複している爆丸などを含めると
約2万個ありますが、3分の2はリスト化できているので来年中には終わると思います。

と、言いたいところですが
毎月海外から爆丸が届くうえに「バトルプラネット」の新商品を手に入れることが出来たら
そちらのリスト化やレビューなどもしたいので、終わらない可能性もあります⋯⋯
DSCF7581

↑このページのトップヘ