集合■爆丸バトルプラネットのアニメが放映されたことにより、爆丸に興味を持つ人が少しずつ
増えてきているように思えます。そこで爆丸バトルプラネットが爆丸シリーズのどういった
位置づけにあるのかを簡単な図にしてみました。


■バトルプラネットの系統

系統


■おもちゃの特徴
タイトル
球体
サイズ
特徴
バトルブローラーズ 28mm
32mm
■最初期に販売された爆丸シリーズ

■球体サイズが28mmと小さく変形がシンプル

■後に32mm球と一回り大きなサイズも販売された

ニューヴェストロイア
32mm
■球体サイズが32mmとなり複雑な変形が可能になる

■三角型や四角型など球以外の形をした召喚爆丸が追加

■7体の爆丸を合体させるギミックが登場

ガンダリアン
インベーダーズ

32mm
■変形がさらに複雑になりGパワーが高いものが多くなる

■召喚爆丸がなくなり爆丸自体に取り付けるバトルギア
追加

■海外では爆丸を乗せると変形するモバイルアサルトも追加
された

メクタニウムサージ
32mm
36mm
■海外でのみ販売されたシリーズ

■これまでプラスチックのみだったパーツの一部に
メタルパーツが使用される

■メクトガン、バクナノ、バトルスーツが追加

■欧州でのみ球体サイズが36mmの爆丸が販売

爆TECH!
32mm
36mm
■日本でのみ販売されたシリーズ

■変形がさらに複雑になり、爆丸の腕や足などに取り外し
可能なメタルパーツが付いている

■球体サイズ36mm(サブロク)シリーズは球体の半分を他の
爆丸と入れ替えるバインドシステムが搭載された

■秀逸なギミックを持つ爆丸が数多くある

アーマーズ
32mm
■日本でのみ販売されたシリーズ

■球体サイズが32mmに戻る

■足と腕を他の爆丸と入れ替えるアーマーシステムを搭載

■一部の部品がメタルパーツになっている

■販売されたのは火水風土光闇属性が各1体ずつの6体のみ

バトルプラネット
36mm
■球体サイズ36mmのみの新シリーズ

■変形のシンプルなベーシックタイプと空中回転ギミック
のあるDXタイプの2種類が販売

■DXタイプのギミックに伴いゲートカードを小さなバクコア
に変更

■細かい関節パーツにまでバネが追加され、完全自動変形を
可能とする爆丸が多い

■権利の関係で属性マークが使えなくなり派閥に変更され
マークが一新された(日本では属性を使用)

■売上の関係から土属性が削除され新たな派閥オーレラス
(金)とダイヤモンドが追加された