DSCF0415
■今回は海外では「BAKUGAN ULTRA」、日本では「爆丸DX」と呼ばれる爆丸についてです。



■革命ギミック!?

 球状のおもちゃがカードに乗り上げると、一瞬にして別の形に変形してしまう爆丸
その爆丸に革命とも言える新ギミックがバトルプラネットシリーズでは搭載されました。

新シリーズでは「BAKUGAN」の他に「BAKUGAN ULTRA」と言う種類が追加され、
これまでのようにカードに乗り上げた瞬間に変形するタイプは「BAKUGAN」と呼びますが、
カードに乗り上げた瞬間に空中で半回転、または一回転しながら変形するタイプを
「BAKUGAN ULTRA」と分けて呼ぶようになっています。
DSCF0426
■(BAKUGANはカードに乗り上げるとその場でスタンドする)

DSCF0425
■(BAKUGAN ULTRAはカードに乗り上げると空中で回転しながら開く)
                           


■BAKU SKY RAIDERS

 これに近い商品に旧シリーズで販売されたBAKU SKY RAIDERSがありますが、こちらは
高く飛び跳ねるギミックを目的としているため着地はあまり重要視されていなかったのに対し、
BAKUGAN ULTRAは飛び跳ねる力を抑える代わりに必ず空中回転と着地を成功させることを
目的に作られています。
DSCF0431DSCF0415
■(写真左・BAKU SKY RAIDERSはジャンプは高いが着地は安定しない)
■(写真右・BAKUGAN ULTRAはジャンプは低いが空中回転と着地は安定している)



■着地の秘訣

 BAKUGAN ULTRAをひっくり返して裏側から見てみると、手や足そして尻尾が前後左右に
広く配置されているのが分かります。これにより回転後の衝撃によるぶれを完全に制御するこ
とができるのです。
DSCF0456
■(右側・BAKUGAN ULTRAは接地点が離れているためジャンプ後に安定した着地ができる)



■二つの条件!?

 BAKUGAN ULTRAが空中で一回転して着地を成功させるためには二つの条件を満たす必要が
あります。一つ目は指定されている向きで転がさなくてはいけないこと。
DSCF0468
■(▽の印)

BAKUGAN ULTRAの磁石が埋め込まれている付近を見ると▽の印があります。
その印が指している方向に転がした場合はジャンプすることに成功しますが、逆向きで転がした
場合はひっくり返った状態で開きジャンプすることはありません。                           
そして、二つ目の条件はBAKUGAN ULTRAを転がす際の力加減です。
一つ目の条件を満たした場合にジャンプをすることには成功しますが、力加減が弱過ぎれば
空中で回転しきれず着地に失敗します。逆に力加減が強過ぎても跳ねるための力を得られず
回転せずに着地に失敗します。
DSCF0472

しかも、BAKUGAN ULTRAは種類により空中で必要になる回転力が異なっているため、
それぞれに適した力加減を覚える必要があるのです。
ただし、力加減さえ覚えてしまえば100%着地に成功させることができます!
DSCF0434
■(足だけが一回転して着地するタイプ)

DSCF0448
■(体全体が一回転するタイプ)

DSCF0460
■(その他にも色々な変形タイプの爆丸がいるので、シュートテクニックを磨く必要がある)


■まとめ

 旧爆丸の時代でギミックのアイディアは全て出し尽くし、もう爆丸を進化させる余地はない
と思っていました。何故なら、あれこれと爆丸のギミックを妄想するのは簡単ですが、それを
形にするということはとんでもない労力とずば抜けたセンスが必要だからです。

だが、蓋を開けてみればどうでしょう?36mm爆丸が飛び跳ね、さらには空中で回転して、
そして完璧な着地を決めました⋯⋯それを見た瞬間鼻の奥がツーンとして、目の前の爆丸が
少しぼやけて見えました。

ファンは爆丸が復活しただけでも感激なのに、制作側はきっと復活だけじゃインパクトに欠ける
と考え、こんな凄いギミックを搭載した爆丸で出迎えてくれたのでしょう。

爆丸にはまだまだ進化の余地があることが分かったので、今後も凄いギミックを搭載した爆丸が
出てくるのを楽しみにしたいですね。