DSCF6442
■爆丸の現在

 2018年12月に爆丸新シリーズの「爆丸バトルプラネット」が海外でスタートします

今年の初めにはすでに新シリーズの話題が出ていましたが本当に始まるのかは疑心暗鬼でした
しかし、現在は公式サイトも作られておりカウントダウンのデジタル数字が刻一刻と
その歴史的瞬間までの時を刻み続けています

そして新シリーズが始まれば日本でもまた「爆丸」という言葉を耳にする機会が増え
爆丸に興味を持つ人達が増えていくでしょう


■今後の収集

 半年ほど前からネットのオークションサイトやフリマサイトなどにもその兆候は
表れ始め数年前に比べると一部のコレクターにしか売れていなかった爆丸関連の商品が
高騰しているにも関わらずよく売れているのをみかけるようになりました

今後は爆丸を知りその魅力にとりつかれたコレクター達がたくさん出てくると思いますが
いざ爆丸を集めようとした場合にどのシリーズの爆丸から集めてよいのか困る人が
いるかもしれません
DSCF6456
爆丸はたくさんのシリーズに分かれておりそのシリーズごとに販売されるおもちゃは全て
種類が違っているうえに色違い等も多く、古い爆丸になるほど入手するのは難しく
コレクションがまったく増えていかないといったこともありえます

そうならないためにどのシリーズが自分にあっているか費用と労力が
どれくらいなのかが分かれば、ただ闇雲に収集するよりも
より一層爆丸収集の楽しさが増すと思いシリーズごとの特徴を表にしてみました


■収集情報

シーズン1「爆丸 バトルブローラーズ」
リストトップ
収集難度 ★★★★★★★★★★10
購入費用
★★★★4

28mmサイズの爆丸はとても小さくポップアウトした姿も球体の丸味を残した
可愛らしい作りになっているので眺めているだけでコレクターの荒んだ心にひと時の
安らぎを与えてくれる癒しアイテム


■属性による色違いは多いが爆丸の種類自体は少ないので時間をかけて少しずつ
集めていくのがいいかもしれない

■ただし一番最初に商品展開された爆丸シリーズなため今現在では中古品で
購入するのも難しくなっている

■日本版は販売数が少ないうえにメインキャラクター達は一部のショップや
地域限定での販売だったため入手が特に難しい

■海外版も数は減ったが今でも海外のネットオークションサイトで出品されるので
入手は可能だが輸入にかかる費用がネックになる

■アニメメインキャラクターの「火属性メテオドラゴノイド」「水属性プレデター」
「風属性フェニックス」「土属性ゴーレム」「光属性ティグレス」
「闇属性デュアルヒュドラ」の6体を入手することがシーズン1最初の難関になる



シーズン2「爆丸 ニューベストロイア」
DSCF4615
収集難度 ★★★★★★★★8
購入費用
★★★★★★★★★9

爆丸のサイズが28mmから32mmへとスケールアップ
その体積から複雑な変形を可能にし眺めるだけでなく、たたんでポップアウトを
繰り返しているだけで数時間が過ぎるほどのクオリティと芸術性を高めたシリーズ


■販売された爆丸の種類は他のシリーズと大して変わりないが基本の6属性以外の
色違いがとても多いシリーズなうえに召喚爆丸シリーズまで追加されているので
収集にはかなりの根気と費用がかかる

■日本版だけの収集ならば色違いはほぼないようなものなので
中古品を扱うおもちゃショップやネット販売で7割は揃えることができる

■海外版は色違いのスペシャルシリーズが多過ぎて全てを集めるのは不可能に近く
収集のために輸入するのではなく、他の爆丸を輸入したらたまたま入っていた程度に
しておくのがよさそう

■どれだけの種類があるのかはスピンマスターやセガトイズですら分かってないと思う

■シーズン2ではアニメメインキャラクターの爆丸が日本限定販売なため
クロスドラゴノイドやヘリオスMKⅡなどは海外からの購入者も多く
最近では数の少ないレアなヘリオスMKⅡは特に入手が難しくなっている




シーズン3「爆丸 ガンダリアンインベーダーズ」
DSCF5790
収集難度 ★★★★★★6
購入費用
★★★★★5

爆丸がゲートカードの上でポップアウトをする姿はとても力強く時に美しいが
そこにバトルギアを装着させることによってさらにその先の境地に達したシリーズ
ポップアウトした爆丸の上でさらにポップアウトする兵器爆丸は
コレクターを心酔させる


■殆どの爆丸とバトルギアはセット販売されていたので中古で売られている場合でも
爆丸とバトルギアがセットで手に入ることが多い

■日本版は爆丸やバトルギアの種類が少なく
限定レアや色違いもあまりないため収集しやすい

■海外版はネットオークションサイトで今でも出品されることもあるが
日本未発売の爆丸が多いうえに一部のスーパーアサルトシリーズは数が少なく
入手が非常に困難になっている

■アニメメインキャラクターのみの収集なら費用も安く揃えるのは簡単
海外版はやはり輸送費がネックになるので輸入する際はスーパーアサルトシリーズと
爆丸シリーズの中でも異彩を放っているバイクの爆丸ラムドルの購入がおすすめ



シーズン4「爆丸 メクタニウムサージ」
DSCF7222
収集難度 ★★★★★★★★★9
購入費用
★★★★★★★7

手のひらに感じる金属パーツによる重量感と全ての塗装をシルバーに
統一するという大胆かつ高級感溢れる外装がコレクションとしての質を
より高度な次元に導く


■ほぼ日本未発売の爆丸なので購入するには海外から輸入をしないと
いけないため費用のことを考えると収集は非常に難しい

■爆丸自体は中古なら海外のネットオークションサイトで入手することはできるが
シーズン4の爆丸は北米よりもヨーロッパの出品が多いため日本への輸送費は
さらに高額になってしまう

■シーズン4の爆丸は日本ではどれも珍しく貴重なため入手できればお気に入りの
一つになると思う

■輸入を検討するタイミングとしては主役爆丸なのにほとんど出回っていない
火属性タイタニウムドラゴノイドが出品されたときが良いかもしれない




「爆丸 爆テク+爆丸アーマーズ」
DSCF4721
収集難度 ★★2
購入費用
★★★★★★★★8

究極の球体の探求…
これまでの爆丸の常識を覆すほどのテクニカルな変形は少年心を掴んで離さない
着脱可能なメタルパーツは競技爆丸の未来を切り開き
見る爆丸から魅せる爆丸へと変貌を遂げた
36mm球のバインドシステムは無尽蔵の戦術を生み出し爆丸に革命をもたらす


■今でも中古おもちゃショップ、ネットオークションサイトやネットフリマサイトで
新品や中古が多く出回っているので入手するのが簡単なシリーズ
これから収集をしようと思っている場合は爆テクシリーズがおすすめ

■爆テクはどの爆丸も珍しい色をしておりプラスチックの素材自体が
今までの爆丸よりも質の良い物が使われているのでコレクションとしての
満足度は非常に高い

■ただし中古で売られている爆テクの多くは競技として爆丸同士をぶつけて遊んで
いるため傷や破損も多く、クロスパーツ等も別の爆丸のものが装着されていることも
あるのでチェックするための知識は必要になる

■最近では値段も上がってきて少し手を出しずらくなっているので
思い切って海外の爆丸を輸入してみるのも良いかもしれない




「爆丸 バトルプラネット」
キャプチャ
収集難度 ★1
購入費用
★★★3